もうゆるいなんて言わせない オンナの膣圧UP塾

どんなメニューがあるのか、チェックしてみましょう

女性のお悩み限定 人気クリニックの膣縮小メニュー一覧

膣圧を向上させるトレーニングと最新膣縮小術

よくあるQ&A

このページでは、婦人科形成クリニックや、そこでで行われる膣縮小手術に関する質問をまとめています。

婦人科形成クリニックで行われる膣縮小手術に関するQ&A

★膣縮小術に保険は適用されますか?

婦人科形成の診療科目は、基本的に自由診療のため、保険適用外となります。価格設定がクリニックにより異なるのは、そのためです。

★将来的に出産する場合、膣縮小術は受けない方が良いですか?

手術をしたことによって、出産に影響が出ることはありません。しかし膣は広がるので、出産後には手術の効果がなくなります。

★手術後に生理が来た場合はどう対応すべきですか?

膣は血行の良い器官なので、化膿の心配はありません。いつも通りの処置を行ってください。なお、女性器への施術は、生理の10日~1週間前に行うのが望ましいとされています。

★膣を縮小することで、感度が悪くなることはありますか?

ありません。手術の際に、太い知覚神経を傷つけることは、まずないからです。

★膣を縮小することで、SEXの快感が増しますか?

はい。男性器と接触する粘膜の表面積が増えるため、より男性器の存在を感じやすくなると思います。

★術後検診は受けたほうが良いですか?

なるべく受けたほうが良いでしょう。検診にも費用がかかることや、溶ける糸での施術が一般的になっているため、検診不要としているクリニックも多いのが実状ですが、やはり仕上がり確認や合併症リスクの回避のため、1度は医師に見てもらったほうがベターです。

★膣縮小手術に後遺症はありませんか?

100%ないと言い切ることはできません。体にメスを入れる外科手術ですので、合併症リスクへの配慮が徹底しているクリニックを選ぶことが大切です。カウンセリングの際に、衛生管理への取り組みについて、きちんと確認を取りましょう。

★婦人科検診の際に、手術したことを気づかれたくないのですが…。

注入などのライトな施術の場合、傷跡はほとんど残りませんので、心配はありません。外科手術の場合は、執刀医の技術力で仕上がりに差が出てきます。経験豊富で実績のある医師を選べば、縫合は丁寧に行われるので、他人に気づかれる心配もないと思います。

もうゆるいなんて言わせない オンナの膣圧UP塾