もうゆるいなんて言わせない オンナの膣圧UP塾

どんなメニューがあるのか、チェックしてみましょう

女性のお悩み限定 人気クリニックの膣縮小メニュー一覧

膣圧を向上させるトレーニングと最新膣縮小術

受診前の心得集

このページでは、婦人科受診前の心得を紹介しています。

婦人科受診前の心得をチェック

考える女婦人科形成クリニックへ、膣のゆるみについて相談に趣いた際は、まずカウンセリングがあります。「膣のゆるみについてどんな悩みを持っているのか」、「施術で膣の状態がどう改善されるイメージを持っているのか」などを尋ねられるでしょう。

それ以外にも、一般論として以下のような質問を受ける場合があります。問診がスムーズに進むよう、回答の準備をしておいて下さい。

  • 疾病歴(婦人科系、STD系、一般系)
  • 妊娠や出産、中絶や流産の経験があるかどうか
  • 最後の月経はいつだったか(開始日/終了日)
  • 月経の周期や経血量、痛みについて
  • 現在服用している薬や、薬に対するアレルギーの有無

質問がデリケートな部分に及ぶこともあるため、回答したくなかったり、嘘をつきたくなったりすることもあるかもしれませんが、医師が尋ねるのは今後の治療に影響のある分野についてだけです。

後になって問題が生じないよう、事実を正直に伝えるようにしてください。

診療前の準備

カウンセリング当日、または日を改めて診療や施術を受けることになったら、以下の点に気をつけて備えるようにしてください。

  • 受診前日の性行為は控える。
  • 受診前日のアンダーヘアカットも控える。
  • 本来の顔色や唇の色がわかるよう、メイクは薄めに(診断材料となることがあるため)。
  • 性器は外側のみ清潔にし、内部までは洗浄しない(正確な検査の障害となるため)。
  • 着脱しやすい服装で(ワンピースはNG。ボトムはズボンよりゆったりしたスカートなどがおすすめ)。

携行物としては、健康保険証が必須。また検査や診療の中で、若干の出血などがあった場合に備え、生理用ナプキンを持っておくと良いかもしれません。 

また手術など具体的な施術に及ぶ場合でも、基本的には日帰りで、入院の必要はありません。術後の身体のために必要なものは、当日支給されるはずですので、特に準備しておかなくても大丈夫だと思います。

 

もうゆるいなんて言わせない オンナの膣圧UP塾