もうゆるいなんて言わせない オンナの膣圧UP塾

どんなメニューがあるのか、チェックしてみましょう

女性のお悩み限定 人気クリニックの膣縮小メニュー一覧

膣圧を向上させるトレーニングと最新膣縮小術

HOME » 膣のゆるみ「なぜなに」講座 » なぜ?膣がゆるい原因

なぜ?膣がゆるい原因

「経験人数の多い人は、膣がユルくなる」、これって本当でしょうか?
答えはNO。セックスの経験人数は膣のキツい・ゆるいに関係ないと考えられています。

でも、膣がゆるくなるのには確かに原因があります。ここでは、膣のゆるみの原因として考えられる代表的なものをご紹介しましょう。

膣がゆるい原因として考えられること

  • 出産経験

ゆるみの原因、その代表として挙げられるのが出産です。出産することで産道が広がるからゆるみが生じるという説もありますが、実はそれは関係なく、筋肉に負担がかかったことでゆるくなるという説もあります。妊娠中に胎児や子宮を支え続けた筋肉は大きな負担を受けます。また、出産によって筋肉は引き延ばされてしまい、収縮ができなくなるという説です。

  • 肥満

肥満によって腹筋が弱くなったり、内臓脂肪が多いと「骨盤底筋群」への負担が大きくなります。それは膣のゆるみにもつながると考えられています。

  • 加齢による筋力低下

お肌のたるみが気になるのと同様に、加齢によってたるみは全身に生じます。全身の筋肉量が減少し、コラーゲンが少なくなっていくことで膣もゆるくなります。その他には、子宮が下がるのが原因で、尿漏れにつながります。

  • 女性ホルモンの減少

加齢によって女性掘ホルモンが低下することで、膣壁の血管が細くなります。その結果、膣壁の細胞が薄くなることもゆるみの原因として考えられているのです。また、弾力性のある粘膜も減り始めるため膣口が小さくなり、膣壁の弾力が失われてゆるみが生じます。

  • 姿勢の悪さ

姿勢の悪い人は、お尻や膣の筋肉量が少なくなる傾向にあります。筋肉量が少ないと膣にゆるみが生じやすくなります。

  • 便秘

便秘が原因で排便まで時間がかかる人は「骨盤底筋群」が伸びている時間が長くなり、ゆるみの原因となります。

  • 重い物を持ちあげることが多い

重い物を持ち上げるときは腹筋に力が入りますよね。そのとき、腹圧が高まるのですが、瞬間的に内臓が外へ押し出されます。それは膣のゆるみにつながると考えられています。

膣のゆるみ対策は、クリニックも検討してみて!

膣のゆるみの対策として手軽に始められるのは、「膣トレ」です。 代表的なものに「ケーゲル体操」があります。しかし、毎日コツコツ続けても、効果を感じられるまでに8ヵ月ほどかかってしまう根気のいる対策法です。

すぐに効果を得たい方は、専門のクリニックへ相談をしてみるのがオススメです。

例えば、ペルビックトレーナーと呼ばれる筋肉トレーニング装置を用いた膣トレの場合、直接筋肉に刺激を与えることで、確実に筋力を鍛えます。1回5,000円程度の費用、痛みもなく服を着たまま座っていればOK!すぐに効果も実感できる施術です。

また、クリニックで行われる膣の引き締めの施術ならば、すぐに、そして確実に、効果を実感できます。

なおえビューティークリニックでは無料カウンセリングを行っており、人によって違う「ゆるみの原因」を専門医が診てくれます。自己判断で対策を考えるのは遠回りです。一度、プロに相談してみませんか?最も効果的な対策方法を選べますよ。

もうゆるいなんて言わせない オンナの膣圧UP塾