もうゆるいなんて言わせない オンナの膣圧UP塾

どんなメニューがあるのか、チェックしてみましょう

女性のお悩み限定 人気クリニックの膣縮小メニュー一覧

膣圧を向上させるトレーニングと最新膣縮小術

膣トレマシン

ここまで膣トレ体操や膣トレグッズを使った膣圧アップ方法をご紹介してきました。

しかしここでは、もっと簡単で即効性のある膣トレ方法として、専用のマシンを使った膣トレーニング「ペルビックトレーニング」について、詳しくご紹介します。

膣トレ専用マシン「ペルビックトレーニング」

どうしても毎日の膣トレが継続できないという方にオススメなのが専用のマシンを使った膣トレ、「ペルビックトレーニング」です。このトレーニングのいいところは何といっても手軽なところ。

なんと、服を着たままイスに座っているだけで骨盤底筋を鍛えることができます。

「ペルビックトレーニング」はアメリカで開発されたマシンですが、もともとは尿失禁治療に泌尿器科などで用いられてきました。失禁や尿漏れも骨盤底筋の衰えが原因の一つです。骨盤底筋の衰えによって生じる膣のゆるみにも効果が望めるのでは?という理由から、現在では美容クリニックでも取り入れられています。

  • 「ペルビックトレーニング」のやり方

施術を受ける場所はクリニックです。約20分間、洋服を着たままイスに座るだけ。座っている間にマシンによる磁界が体内に伝播し、骨盤底筋が刺激を受けます。

筋肉がギュっとなるのはわかりますが痛みなどはいっさいなく、雑誌などを読んでいる間にトレーニングは終了します。振動の強さは調節できるので、最初は弱く、徐々に強くしていくことができます。早ければ3~4回で効果を実感できます。

まだ導入しているクリニックは多くありませんが、1回5000円~8000円程度で施術を受けられるクリニックもあります。

ペルビックトレーニングのメリットとデメリット

このトレーニングで得られる効果は骨盤底筋の強化だけではありません。お尻周辺の筋肉もアップするので、ヒップアップ効果も望めます。

クリニックで行なうといっても手術などをするわけではなく、イスに座るだけという手軽さ。また、数回で効果が望めるというのも最大のメリットでしょう。

ただし、デメリットもあります。まず通院が必要になること、ある程度の料金がかかることです。また、不整脈や狭心症の既往のある人や生理中の人、妊娠中の人など、利用が制限される人もいます。利用の前に、まずはカウンセリングをしっかり受けるようにしましょう。

もうゆるいなんて言わせない オンナの膣圧UP塾